産後うつの原因

うつになる原因は何か

 産後うつの主な原因は出産後におこる女性ホルモンの急激な変化だと言われています。それが次第に心身に影響を及ぼしているようです。  出産をした女性誰もにホルモンの変化は起こるのですが産後うつと言えば、あったかもというくらい軽い人から日常生活に支障をきたしてきたしてしまうほどひどくなる人もいます。  産後うつとは一般的なうつ病と同じでひどくなると、頭痛や胃痛、下痢、便秘と脱毛といった症状が出る人も少なくないそうです。  出産を機に起こる様々な気持ちの変化や環境の変化に対応できないといった理由も産後うつを引き起こししまいます。夜中に何度も起きて授乳したり、特に初めての出産だとちょっとした赤ちゃんの変化に心配になり身も心も余裕がなくなり疲れきってしまうのです。  

どんな人がなりやすいのか

 産後うつになりやすい人は簡単にいうとできる女性です。それまで社会で活躍していた人ほど産後うつになりやすいようです。  仕事でバリバリ働いて人が急に赤ちゃん中心の生活になり社会から取り残された気持ちになるのです。仕事ができる人ほどまじめで完璧を求めがちなので子育てにもついつい完璧を求めてしまします。ですが、思うようにならないのが子育てです。 どんなにがんばってもうまくいかない時もあります。  そういう時、自分はダメな母親だと責めてしまい悩み、ひどくなると家事もままならないほど追いつめられるのです。  もし、ご主人でも、親でも、公共の施設などでも頼れるところがあればどんどん頼ってほしいと思います。遠慮せず、つらいと言える場が必要です。 そして、本当につらいときはカウンセリングを受けることも大事です。 世の中、産後うつで悩んでいる女性はあなたがおもっているよりたくさんいます。