産後うつの予防

予防方法や治療などにかかる金額。

産後、急激な女性ホルモンの変化で心に影響を及ぼし、産後うつになってしまうと言われています。 一時的なものとも言われていますが、不安に感じるものです。 心を強く不安に負けないことが一番なのですが、女性の10%くらいの方がなると言われています。 産後うつには、産後うつになる前に予防したり、なってからの治療方法があります。 予防方法は、産後の入院をさらに入院して、体と心のケアをします。それだけではなく、休養したり育児指導なども受けたりできます。 費用は病院によってバラつきがあるみたいですが、1泊6,000円から60,000円ということもあって、経済的な負担が大きいので利用が少ないのも現状です。 治療方法は様々で、薬を使ったり、反対に使わなかったりといろいろな方法があります。 産後うつは、3ヶ月から12ヶ月の間で良くなると言われています。長期になることもあります。 方法や、期間によって金額も様々なようです。

産後うつが認識された時期。

今、産後うつは誰ても知っている病気といってもいいほどです。 ですが、1860年代ごろまで認識はされていません。 世界では1968年ごろにやっとできたそうです。日本では、1980年代に産後うつ病と認識さたようです。日本では、少し遅れていたようです。 でも、産後うつの症状は紀元前700年前までにさかのぼり、産後に悩んでいた人は多く見られたようです。 現在世界でも、産後うつと個別の病状として、精神科医に携わる病気として認識されているようです。 ストレス関連障害や母子関係障害など、症状をより詳しく検討されているようです。 これからは、少しでも多くの女性に産後うつの症状が軽減されていくように、症状の研究などが進められていくようです。